B級2組順位戦 中村太地王座ー中田宏樹八段戦

B級2組順位戦 中村太地王座ー中田宏樹八段戦を振り返ります。戦型は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここまで先日の豊島ー佐々木戦と同じになりました。その対局はここから△35歩~△65桂と仕掛けましたが、やや無理筋ということで△86歩と突きました。

対して▲同歩もありますが、本譜は▲同銀と取りました。以下、△35歩、▲同歩、△65桂(これが銀に当たらないのが▲同銀の効果)、▲69飛、△62飛、▲73角(図2)と進み先手優勢となりました。

本譜の仕掛けも先手優勢ということで、しばらくこの形は見なくなるかもしれません。

本譜は図から進んで図3。

ここで本譜は▲45歩でそれでも先手優勢ですが、この形では▲45桂という手もあるので覚えておきましょう。△同歩と取らせれば▲44桂を打てるようになるため、▲34香がより厳しくなります。駒は取られる前の瞬間が一番働くという好例でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。