NHK杯 井上慶太九段ー糸谷哲郎八段戦 観戦記

井上ー糸谷戦を振り返ります。戦型は後手の74歩取らせ戦法となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

最近みかける戦法で、一歩損する代わりに手得を活かして駒組勝ちを狙おうという作戦です。進んで図2。

後手はじっくりと駒組を進めましたが、ここまで来ると先手の作戦勝ちと言えます。先手は二歩持っており、囲いは銀冠ほど固くはありませんが、これ以上無いほどバランスの良い構えとなっています。

ここでは①▲29飛から▲56歩~▲45歩の攻めを見せるぐらいで十分でしたが、本譜は②▲75歩とより良さを求めにいきました。進んで図3。

ここから▲45歩でいよいよ戦いが始まります。以下、△同歩、▲56歩、△33角、▲55歩、△同角、▲27飛、△65歩、▲同歩(▲56銀もあった)、△77角成、▲同金寄、△46歩、▲44歩、△42金引、▲46銀、△38角、▲28飛、△56角成、▲58飛、△57歩、▲同飛、△同馬、▲同銀、△47飛、▲66銀、△37飛成(図4)

この辺りは手が広いところですが、どの変化を選択しても先手が手厚いです。

図では①▲51角が明快でした。△52飛なら▲42角成、△同金、▲43金で▲64角の王手飛車の筋があります。△52飛で△92飛と逃げるのは△84桂が無くなっており先手がかなり安全になります。

本譜は②▲55歩に△84桂で一枚剥がされたため、差が縮まりました。進んで図5。

ここは①▲43歩成、△同金、▲48歩が攻めを遅らせる手筋でした。以下△同龍は▲26角、△27龍は▲28歩、△58龍は歩が成れなくなるということで後手は手段に窮していました。

本譜は代えて②▲74歩で、これでも先手優勢でしたが、最後は糸谷八段が怪力を発揮して逆転勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“NHK杯 井上慶太九段ー糸谷哲郎八段戦 観戦記” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。