菅井ー渡辺戦

菅井ー渡辺戦を振り返ります。戦型は先手中飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手は左美濃から銀を64に繰り出しました。64の銀が安定していると、中央が手厚くいつでも△75歩からの仕掛けがあるため、既に先手が指しづらい局面かもしれません。進んで図2。

▲65歩を狙って▲68飛と回ったところですが、△86歩、▲同歩(▲同角は△45歩)、△75歩、▲65歩、△76歩、▲88角、△75銀(図3)で後手がやや有利。

▲68飛が働かないのが痛いですね。以下先手も暴れますが、後手の制勝となりました。先手中飛車は工夫が求められる時代と言えます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。