佐藤(天)ー佐藤(和)戦

佐藤(天)ー佐藤(和)戦を振り返ります。戦型は相雁木となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図は△73銀と後手が攻勢を見せたところですが、ここは先手も▲46歩と突いていつでも▲45歩から攻める手を見せておいた方が良かったです。本譜は▲79玉としましたが、△75歩から一方的に攻められる形となりました。進んで図2。

▲74歩に△72金が珍しい手ですが、以下△83金~△74金が実現し、手厚い攻めの形となりました。進んで図3。

ここから△95歩、▲同歩に、①△96歩なら、以下▲同香、△86歩、▲同歩、△95香、▲同香、△同銀で、攻めが手厚く、後手優勢でした。

本譜は、②△86歩以下難しい戦いが続きましたが、最後は佐藤名人の勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。