藤井聡太-中村亮介戦

藤井ー中村戦を振り返ります。戦型は四間飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

穴熊を目指した手に対し、△45歩と角交換を挑みました。昔は穴熊で角交換をすると打開が難しいため▲66歩と止める組み立てがほとんどでしたが、最近は角交換歓迎のようで、時代は変わりましたね。以下進んで図2。

ここで▲37角と打って打開しにいくのがこの戦型の急所(▲68金と寄ってから打つ手もあります)。以下進んで図3。

ここで▲59金と引いて飛車の7筋への転換を見せました。同じ意味で▲57金もありますが、どちらが良いかは難しいところ。以下進んで図4。

後手は△65歩と突いて銀を引かせますが、依然として▲75歩や▲78飛等の攻めは残っているため△95歩から攻めていきます。

進んで図5。

ここは単に▲78飛で十分でした。本譜は▲24歩、△同歩、▲35歩、△同歩、▲34歩、△22銀、と引かせてから▲78飛と回りましたが、歩切れの相手に歩を渡すのであまりよくなかったようです。進んで図6。

△44角は急所のラインですが、代えて△53角と75の地点に利かせておく方が先手の攻めを受けやすかったようです。

本譜は▲66歩が本筋の一手で、△同歩なら一回▲68金と上がり、次の▲64歩が厳しく残ります。以下進んで図7。

ここで△85歩と突きたいところですが、▲64歩、△同金、▲同角、△同飛、▲75金で先手良しとなります。

本譜は△97歩成、△67歩成を利かせて△85歩でしたが、▲77銀と引いておいて先手玉が固く、以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“藤井聡太-中村亮介戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。