王将戦 松尾歩八段ー橋本崇載八段戦 観戦記

王将戦 松尾歩八段ー橋本崇載八段戦を振り返ります。戦型は雁木となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

相手が雁木と見れば、ここで▲36歩と突く手もありますが、その場合振り飛車の可能性もあるため、▲58金と様子を見ました。以下進んで図2。

ここから▲35歩と仕掛けて既に先手優勢。現代将棋は怖いですね…。

以下△同歩、▲26銀、△45歩、▲24歩、△同歩、▲35銀、△77角成、▲同桂(図3)

ここで△64角は、▲24飛、△23歩、▲26飛、△19角成で先に香損しますが、▲33歩が急所の叩き。以下、△同金は▲22角、△22金は▲31角、△同桂は▲34歩がそれぞれ厳しく先手優勢。駒損でも相手の形が悪ければ優勢という現代将棋らしい展開です。

本譜は△86歩、▲同歩、△同飛と飛車を捌きますが、そこで▲33歩がやはり急所の一着。

△同金は▲24銀が厳しいため、△同桂ですが、▲34歩、△25桂、▲66角で▲33歩成が受かりません。

以下、①△89飛車成には、▲33歩成、△87歩、▲32と、△88歩成(△32同銀は▲98金)、▲33角成、△62玉、▲43馬、△87角、▲59金引で先手玉が寄らず勝ちとなります。

本譜は△62玉でしたが、以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“王将戦 松尾歩八段ー橋本崇載八段戦 観戦記” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。