竜王戦1組決勝 広瀬ー豊島戦

広瀬ー豊島戦を振り返ります。戦型は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手が9筋を受けない作戦は千田ー横山戦でもありました。

本譜はここで▲45歩で前例と別れを告げました。対して、△44歩が珍しい手。以下、▲同歩、△同銀に、①▲24歩、△同歩、▲同飛は△55銀左~△46歩や△65桂を絡めて攻められますので、②▲46歩が無難な一手。対して△33銀と引いて▲95歩に△44歩(図2)。

この局面は、図1から▲45歩に代えて▲95歩と指して△44歩と後手が受けた局面に合流します。後手は▲45歩型を防ぐことに成功したとも言えますので、△44歩からの手順はなかなか面白く参考になる手筋でした。

気を取り直して図2以下、▲56銀、△31玉まで再び前例どおりの進行でしたが、そこで▲79玉で未知の局面となりました。

対して、△65銀、▲55銀、△43角(図3)

この仕掛けも珍しい筋ですが、研究が伺えます。以下先手も▲45歩から攻め合いになります。進んで図4。

ここは△87銀と放り込む手もありましたが、本譜は△85歩の継ぎ歩から8筋を詰めました。進んで図5。

ここは①▲64銀も有力でした。本譜は②▲43銀で、以下△55歩から二枚替えになりましたが、▲45桂の応援も利くため難しい形勢。進んで図6。

ここは後手有利になっており、①△76桂(▲58玉なら△36角)や②△28歩が有力でした。②△28歩以下一例で、▲54金、△同銀、▲28飛、△39銀、▲38飛、△48銀成、▲同飛、△56歩、▲同歩、△65桂となれば、後手玉を手順に安全にしつつ、先手玉を寄せることができました。

本譜は③△47歩から△24歩と受けましたが、▲44歩(図7)で難解。

ここは△65桂とプレッシャーをかけておけば後手有望でした。

本譜は△46桂、▲47金、△38銀、▲46金、△29銀と飛車を取りましたが、駒の効率が悪く、逆転してしまいました。進んで図8。

ここは▲43銀成以下詰んでいました。
本譜は▲49金と受けましたが、△58銀成~△76桂~△75金(図9)で先手玉がかなり危ない形になり、また金を手放したため後手玉が詰まなくなりました。

ここは▲43銀打~▲66角と王手で急場を凌ぐしかありません。進んで図10。

ここは△42歩と受けておけば、①▲34銀成は、△同銀、▲同金に△36飛成から金を抜けますし、②▲44馬は△33角でやはり34に駒が出れないため後手玉が寄りません。③42銀不成なら△58飛成で▲44馬、△13玉の形が妙に寄らず後手が有望でした。

本譜は△85飛としたため、▲44馬から寄り筋となり、先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。