天野ー大橋戦

天野アマー大橋戦を振り返ります。戦型は雁木となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここから▲35歩、△同歩、▲26銀は良くある仕掛け。対して△34銀、▲38飛、△43金右もこの場合の受けの形です(参考:及川ー加藤戦)。以下進んで図2。

ここは△53銀ぐらいが普通ですが、本譜は△65銀と打ちました。
対して、▲45歩、△76銀に①▲66角が逸機。代えて②▲44角と飛び出せば、△同金、▲同歩、△同角、▲34飛で、後手は金気が無いため、受けづらかったです。

進んで図3。

ここは▲71歩成~▲24歩~▲56銀と打てば後手は受けづらい形でした。

本譜は▲71銀、△72飛、▲62銀成、△同飛となりましたが、そこで▲56銀は銀を渡しているため、△54銀で受かるため、先手は攻めを繋げづらくなりました。以下丁寧に受け切った後手の勝ちとなりました。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。