佐々木(勇)ー斎藤(慎)戦

佐々木(勇)ー斎藤(慎)戦を振り返ります。戦型は雁木となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

ここからいきなり▲45歩と仕掛けていきました。こうすると角銀交換は必然。以下進んで図2。

先手は△27角の打ち込みを消すために▲38金と上がっていますが、こうなると雁木の方が角打ちの隙が少なく、バランスが良く見えます。先手は一歩持っているという主張はありますが、仕掛けた割にはあまり戦果が上がっていない印象。

図以下、▲66歩としましたが、そこでいきなり△45桂と跳ねる手もありました。①▲47金は△39角が痛く、②▲68銀打は△69角、③▲58銀打は△36歩~△59角、④▲68銀は、△65歩、▲46歩に△59銀(参考図)が好手。

以下△57桂成~△66歩~△56角が痛いです。

本譜は▲66歩に△74歩として難解な戦いが続きましたが、▲47金に△27角から馬を引きつける展開となり、雁木が終始厚い展開で後手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“佐々木(勇)ー斎藤(慎)戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。