遠山ー北島戦

遠山-北島戦を振り返ります。戦型は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

先後同型から、▲45歩と仕掛けます。以下図2まで豊島ー千田戦と同様に進みます。

ここで▲25桂、△24銀、▲34銀と進め、前例と別れを告げました。対して、△52玉がどうだったでしょうか。代えて△37歩、▲39金、△46角とおいておくくらいでも先手の手が難しかったと思います。本譜は進んで図3。

ここで△46角でしたが、飛車を取れているのが大きく、▲51と、が厳しい手でした。対して同玉は▲81飛が厳しいため、△63玉ですが、▲41飛車と打たれ、△56銀と出ることができなくなり(▲46飛成と角を取られる)後手は手段に窮しました。以下先手勝ちとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“遠山ー北島戦” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。