王座戦挑戦者決定トーナメント 屋敷伸之九段ー藤井聡太六段戦 観戦記

王座戦挑戦者決定トーナメント 屋敷伸之九段ー藤井聡太六段戦を振り返ります。戦型は角換わりからの先手▲36歩型棒銀となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図から▲26銀、△74歩、▲35歩、△73桂、▲15銀と進めば三浦ー豊島戦と同様になりますが、本譜は▲58金と変化しました。進んで図2。

ここから▲34歩、△同銀、▲37銀に、△43銀左が柔らかい手で流行の雁木の形となります(図3)。

個人的には既に先手は持ちたくない形。▲37銀が中途半端な駒で、▲36銀~▲35銀~▲24銀と攻めて行っても、△23歩、▲同銀成、△27歩、▲同飛、△45角のような受けもありますので、あまり活用の目途が立ちません。進んで図4。

△65歩で既に先手が一方的に攻められそうで面白くない展開。▲75歩から▲56角と先手も反撃しますが…

△34歩に▲35歩しかないのでは如何にも先手が攻めあぐねています。

図で△45歩が柔らかい手。▲同角に△44角と角を急所のラインに設置します。進んで図6。

△86歩から△85歩の継ぎ歩が手筋で、一歩持った場合は常に意識しておきたい手です。以下、▲同歩に△66歩と力を溜めて、好機の△85桂を狙います。進んで図7。

先手は遅ればせながら▲46銀と遊び銀を活用しますが、その間に△85桂から△99角成と成りこまれ、急所の△66歩を打たれては相当先手が苦しい展開。進んで図8。

先手は△45歩に▲55銀と勝負手を放ち、△同香なら▲43角成から飛車を成りこめます。しかし当然ながら△75飛が好手で、以下▲76銀、△65飛と角を取れば後手玉に怖いところがありません。また、次の△98角が65銀に当たって絶好になります。進んで図9。

△36桂が決め手で飛車取りと同時に先手玉の逃げ道を狭めます。以下後手勝ちとなりました。

前年のA級棋士に完勝し、王座戦ベスト8進出となりました。あまりに強い勝ち方でこのままタイトルを取ってしまいそうな勢いですが、次の羽生ー深浦戦の勝者との対局が山場になるでしょうか。名局が期待されます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“王座戦挑戦者決定トーナメント 屋敷伸之九段ー藤井聡太六段戦 観戦記” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。