王座戦 藤井聡太ー糸谷哲郎戦

藤井六段が元竜王に勝利した一局を振り返ります。戦型は阪田流向かい飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

後手は囲いもそこそこに△24歩からポイントを挙げに行きます。進んで図2。

先手は▲38金と受けておけば△25金~△26金と突進してきても▲27歩で受かります。また、△33桂と跳ねている場合は、△25金に▲35歩が厳しくなります。

という訳で図で△25歩と打ちましたが、△24金が働きづらい恰好となるのがネックです。以下、後手は△35歩から金をほぐしにいきました(図3)。

後手は2つ位を取りましたが、ここで▲65角が後手陣の隙を突く一手。分かっていても次の▲23歩が受けづらいです。仕方なく△52金と受けましたが、以下▲25桂、△同桂、▲23歩、△同飛、▲32角成、△43飛、▲26歩が流れるような手順で、先手は攻め駒を捌きます。進んで図4。

ここは▲88桂と受ける手や、△76桂に金を逃げるような手も考えるところですが、藤井六段は一直線に▲24歩、▲23歩成と攻め合います。進んで図5。

ここも▲58銀と逃げるような手もありますが、▲43歩と踏み込みます。以下、△47歩成が怖いですが、▲42歩成、△68桂成、▲同銀、△58と、▲52と(▲79金もある)、△69角、▲88玉、△54角(詰めろ逃れの詰めろ)、▲84桂、△同歩、▲83金、△同玉、▲75桂、△74玉、▲83銀、△64玉、▲66飛で、①金・銀の合駒は▲同桂、②桂合は▲23飛成、③△55玉は▲56飛以下詰みとなり先手勝ちのようですが、実戦でここまで読み切って踏み込めるのは流石と言わざるを得ません。

本譜は▲43歩に△54角としました。進んで図6。

図は先手玉が詰めろですが、▲59金が受けの好手で、詰めろがかかりません。進んで図7。

この局面は詰まさなくても勝ちですが、▲85桂と跳ねて詰ましにいきました。以下、△92玉、▲82龍、△同玉、▲52飛、△72飛(他の合駒も同じ筋で詰み)、▲73桂成、△同玉、▲74歩、△82玉、▲73銀まで先手勝ち。

▲73桂成から銀を打ち込んでいくのが見えづらい筋でしたが、流石の終盤力を発揮し、藤井六段の快勝となりました。踏み込みが参考になる一局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“王座戦 藤井聡太ー糸谷哲郎戦” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。