棋王戦第2局 渡辺明棋王ー永瀬拓矢七段戦

棋王戦第2局の渡辺明棋王ー永瀬拓矢七段戦を振り返ります。戦型は角換わりから後手の早繰り銀となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

図の▲66歩が最新の対策。名人戦でも類似形が指されています。図から後手は銀を64に出る手と84に出る手がありますが、本譜は△84銀、95銀と出てきました…(図2)。

▲88銀と引くのが棒銀に対してよくある手筋で、簡単には銀交換させません。以下後手は8筋の歩交換はできますが、銀が使いづらいのがネックです。進んで図3。

△84銀から立て直しを図りますが、先手は▲48金から仕掛けていきます。図で△22銀は▲77桂で、▲55角の筋もあるため、なかなか△44歩で桂を取り切る展開になりません。従って△44銀ですが、桂を取れない形のため、先手が十分な形と言えます。進んで図4。

後手は△86歩から銀交換したいところですが、この形では逆に先手に銀を持たれると、▲15角や▲33歩が厳しくなります。しかし交換できないのでは、作戦失敗でしょう。進んで図5。

5筋を伸ばしていったのが非常に筋が良い手で参考になります。以下、▲53歩の叩きに△同銀と取るしかなく、銀桂交換の戦果が挙がりました。進んで図6。

▲86歩と先手から突くのが決め手。△86同銀、▲同銀、△同飛に▲41角が痛打になります。しかし、本来後手から銀交換するために棒銀を選択したにも関わらず、銀交換を挑まれて負けるというのは非常に悔しい結果だったと思います。

先手の対策が非常に参考になる一局でした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“棋王戦第2局 渡辺明棋王ー永瀬拓矢七段戦” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。