ヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦 三浦ー豊島戦

三浦ー豊島戦を振り返ります。戦型は角換わりで、先手の▲37銀からの棒銀となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

先手は▲37銀から棒銀を選択し、早速▲35歩と仕掛けました。対して後手も居玉のまま△62金・△73桂で対抗するのが流行形。

ここから▲15銀、△65桂、▲24歩とノーガードの殴り合いになりました。進んで図2。

ここでは△33桂と受けるのも有力でした。本譜は△63金でしたが、飛車が素通しで危険な面もあります。以下進んで図3。

△84角は△57桂成を狙いつつ、▲65銀、△同歩、▲64銀、△同金、▲73角のような強襲を防いだ手です。ここでは、▲83銀と放り込んで、△52飛に▲75歩~▲74銀成を狙う手も有力でした。本譜は単に▲75歩とし、進んで図4。

ここは△75歩とし、▲21歩成に△86歩~△87歩とするのが勝ったようです。

本譜は△61玉と逃げました。一見損の無い玉の早逃げのようですが、▲21歩成、△75歩の後の▲41角が好手で、以下△52銀に▲同角成、△同玉、▲71銀で包囲網を狭めます。角を渡すので考えづらい手ですが、「終盤は駒の損得より速度」を地で行く好手でした。進んで図5。

ここでは▲65銀とし、△同歩に42から清算して▲34桂、△33玉、▲35銀と進めれば寄り筋となり先手が勝っていたようです(以下、△88角は取ると頓死ですが、▲69玉で大丈夫)。しかしなかなか実戦では見えない順です。

本譜は▲32ととしたため、△76歩が厳しく後手勝ちとなりました。
熱戦を制した豊島八段がタイトル挑戦です。
羽生竜王との名局、初タイトルを期待したいです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“ヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦 三浦ー豊島戦” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。