A級順位戦 久保ー深浦戦

A級順位戦最終局の久保ー深浦戦を振り返ります。戦型は三間飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

角道を開けたまま駒組を進めるのが新しい指し方で、後手は△22角を動かさないと玉を深く囲えませんが、△77角成とすると、通常の角交換振り飛車と比較して手損となります。

ここでは△24歩として角道を通したまま駒組を続ける手もありましたが、本譜は△44歩と止めました。先手としては▲66歩と止めていないことを活かしたいですが、簡単ではありません。進んで図2。

石田流を目指した手に対し、漫然と組まれると作戦負けになってしまうため、△45歩と反発します。進んで図3。

▲77桂は△42角で飛車が危なそうですが、▲85桂と跳べば逃げ道が開きます。△84歩と打たれて桂が死にますが、▲73桂成~▲46銀で後手が歩切れのため良い勝負という読みで、この辺りは振り飛車らしい指し方です。進んで図4。

先手は桂香を取らせる間に玉側に駒を集めて勝負しますが、ここで△55歩で角道が止まってしまい、攻め切るのが難しくなり、駒得の後手が優勢になりました。進んで図5。

ここで△15歩としましたが、▲44歩の方が価値が高く、逆転模様となりました。一見端を詰めるのも大きそうですが、この場合は△35銀として▲44歩を緩和するのが急務でした。進んで図6。

ここが本局のハイライトで、▲33桂左成、△同金、▲31銀は△17桂~△28銀で先手玉が詰んでしまいます。本譜は▲33桂左成、△同金、▲45歩としましたが、△同飛であまり状況が変わらず、先手負けとなりました。

図では、▲36金が好手でした。以下、△同角成は、先ほどの▲33桂左成、△同金、▲31銀の筋がありますし、△45飛は▲14桂と一回打つのが急所で、△同香、▲13銀、△31玉、▲45金で先手勝ちとなります。

敗れた久保王将は名人戦挑戦ならずでしたが、見どころの多い熱戦で参考になりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。