4/23 竜王戦2組 深浦ー橋本戦

竜王戦の深浦ー橋本戦を振り返ります。戦型は深浦九段得意の雁木となりました。対して橋本八段はオーソドックスな矢倉で対応しました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

△75歩から戦いが始まりました。進んで図2。

歩交換後、△72飛~△64角と引く構想でしたが、△85歩とのバランスがイマイチだったでしょうか。図2の▲86歩で早くも一本取った形となります。

△同歩には▲84歩と垂らす狙いで、受けるには△73飛しかありませんが、形が悪すぎます。自分の玉側の▲86歩を突いて、△84歩の垂らしを狙うのは矢倉系統の将棋で良くある手筋で、このようなB面攻撃(相手の攻撃陣を攻める)は覚えておくと勝率がかなり上がります。

図2以下、△64歩、▲85歩、△75飛、▲66角、△85飛、▲68玉(図3)

△75飛で▲84歩を防ぎますが、▲68玉が一段飛車を活かした受け。ここから後手の飛車を押さえこみます。

図3以下、△65歩、▲57角、△64角、▲76銀、△82飛、▲84歩、△63銀、▲24歩、△同歩、▲25歩、△74銀、▲24歩、△22歩(図4)

▲24歩からの継ぎ歩は一歩を持てば常に意識しておきたい筋。なお、▲25歩に△同歩は▲65銀~▲64歩から銀交換して▲25飛~▲65飛~▲85飛車のような筋があります。
ここからもひたすら押さえ込みの方針を貫きます。

図4以下、▲75歩、△63銀、▲65銀、△42角、▲74歩、△75歩、▲77桂、△84飛、▲67金右、△82飛、▲84歩、△同飛、▲66金、△74銀、▲同銀、△同飛、▲89飛(図5)

後手はどこかで△64歩と銀を取りに行きたいのですが、▲89飛と回る手等があるため、なかなか余裕が得られません。先手は右金を繰り出し、ついに▲89飛車の転換が実現しました。この転換が実現すると非常に気持ち良いですね。

図5以下、△85歩、▲65銀、△84飛、▲75金、△82飛、▲64歩、△62歩、▲85桂(図6)

▲64歩で角も押さえ込み、図は先手が盤面を制圧しています。以下後手も追いすがりますが先手勝ちとなりました。深浦九段の重厚な指し回しが光る一局となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。