4/13 王位戦 千田ー澤田

本日の千田ー澤田戦はノーマル四間飛車となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

よくある局面で、井出四段が得意にしています。澤田六段も最近四間飛車を連採しています。

図1以下、▲38飛、△43銀、▲68銀、△22飛、▲28飛、△52飛、▲79銀、△55歩、▲同歩、△45歩、▲56金、△44銀、▲24歩、△同歩、▲35歩、△同歩、▲34歩、△51角、▲65歩、△同桂、▲66角、△57歩、▲46歩、△同歩、▲同金、△45歩、▲56金、△36歩、▲42歩(図2)

戦いが始まり、▲42歩が手筋。△同飛なら▲24飛と走れるようになります。
図2以下、△同角、▲84角、△53飛、▲66角、△43飛、▲54歩、△同金、▲75歩、△同歩、▲22歩、△58歩成、▲同飛、△55歩(図3)

ここがポイントの局面で、▲同金、△同銀、▲同飛、△同金、▲同角と捌き合えば、先手優勢でした。以下、△59飛には▲54金、△54歩には▲44金~▲54金があります。
本譜は図3以下、▲62歩、△71金、▲21歩成、△56歩、▲同飛、△55歩、▲36飛、△35歩、▲26飛、△76歩、▲11と、△77桂、▲同銀、△65歩(図4)

金をボロッと取られたのは痛いですが、実戦的には玉形の差もあり、大変。△65歩ではすぐ銀を取りたくなりますが、常に駒を取る前にもっと得する手は無いか考えるようにしましょう。
図4以下、▲39角、△77歩成、▲同金、△38銀、▲57角、△47銀成、▲39角、△46歩、▲76香、△74歩、▲85桂、△56歩、▲53歩、△同飛、▲75歩、△84歩、▲74歩、△85歩、▲84桂、△57歩成(図5)

△46歩や△56歩~57歩成 等、後手は落ち着いた手が多いですね。飛車を取られるのは怖いですが、これで勝ちと見切っているので強いです。
図5以下、▲72桂成、△同金、▲73銀、△同金、▲同歩成、△同飛、▲同香成、△同玉、▲61歩成、△78歩、▲同金、△66桂、▲28飛、△58歩(図6)

△78歩が自玉に詰めろが来ないことを見切った一手。▲28飛にも△58歩で止めれば、先手は受けがありません。以下は後手勝ちとなりました。
四間飛車らしい手厚い指し回しが参考になる1局でした。
澤田六段はこれで王位リーグ3連勝となり、挑戦権獲得に向けて好調な滑り出しです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。