A級順位戦プレーオフ 稲葉ー羽生戦

羽生竜王が名人挑戦を決めた一局を振り返ります。
戦型は相掛かりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コンピュータ将棋の影響もあり、アマチュアでも随分相掛かりを指す人が増えましたので、対策は欠かせません。
先手の68玉型に対し、後手が52玉型を選択し、以下の図1となりました。

f:id:shogi_kenkyu:20180403215922p:plain

相掛かりでは、横歩を狙うのがポイントの1つであり、ここでは△86歩と合わせるような手もありました(ただ、9筋の交換が無いと、△76飛と横歩を取った瞬間に▲82歩で桂が死ぬのでその辺りは注意)。本譜は△74歩とし、そこで先手から横歩を狙って▲24歩、△同歩、▲同飛と動きました。以下、△73桂、▲37桂(すぐ▲34飛は△25飛が気になる。)、△62金、▲34飛、△33角(図2)。

f:id:shogi_kenkyu:20180403222104p:plain

最後の△33角は大事なところで、上がらないと▲22角成で終わってしまいます。

以下、▲46歩、△81飛、▲35飛、△24歩、▲45歩、△64歩、▲44歩、△同角、▲同角、△同歩、▲45歩、△34歩、▲同飛、△33金(図3)

f:id:shogi_kenkyu:20180403223305p:plain

この辺りは変化も多岐に渡りますが、途中△24歩により飛車が元に戻れなくなったため、先手は勢い玉のコビン目がけて4筋から仕掛けていき、後手も最強の受けで対応します。図3では、▲33飛成もありますが、以下一例で△同桂、▲44歩、△42銀、▲16角、△25歩、▲同桂、△45桂、▲33桂成、△63玉、▲42成桂と進めば△65桂(変化図)が逃げ道を広げつつ、急所の攻めにもなる絶好の一着になります。実戦だと指がしなりますね(ただ、味に惚れすぎると形成判断を誤るので注意しましょう)。

f:id:shogi_kenkyu:20180403224653p:plain

脱線しましたが、実戦は図3から、▲44歩、△34金、▲43角、△63玉、▲34角成、△42歩、▲23馬、△32角(図5)

f:id:shogi_kenkyu:20180403225631p:plain

▲44歩と取り込めば、この辺りまではこう進みそうです。

図5では馬を引いて活用した方が良かったでしょうか。

本譜は▲32同馬、△同銀、▲23歩、△33銀、▲66角に△54角が良いラインとなりました。そこで▲22歩成なら難しかったですが、本譜は▲45金と打ってしまったため、△65角とかわす手が急所を睨み、45金が重たい駒として取り残されてしまったため後手有利となり、以下羽生竜王の完勝となりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“A級順位戦プレーオフ 稲葉ー羽生戦” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。