11/30 斎藤ー郷田戦(B級順位戦)

斎藤ー郷田戦は角換わりとなりました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

近年の角換わり腰掛銀では、隙あらば45桂と跳ねる手を狙うようになりましたが、
本局も真にその展開でした(図1)。

f:id:shogi_kenkyu:20171201231132p:plain

最近は45桂を警戒して、後手は早めに33銀と上がり、42玉で53の地点を厚くする指し方が多いので、本局の郷田九段の指し方は意外でした。
この局面で22角は71角があり、44銀は、44歩から桂を取りにいけないため、42銀と引きました。

図1以下、△42銀、▲24歩、△同歩、▲同飛、△23歩、▲34飛、△33桂、▲15角(図2)

f:id:shogi_kenkyu:20171201231530p:plain

図で、△44角は、▲33桂成、△同金、▲44飛、△同歩、▲22角といった筋があるため、既に受けづらいです。本譜は△45銀、▲同歩、△63金としましたが流石に非常手段気味。以下、▲24歩、△14歩、▲37角、△22桂(図3)。

f:id:shogi_kenkyu:20171201232220p:plain

ここで、▲64飛、△同金、▲同角とした方が、次の▲71銀や▲74銀、▲23歩成~▲44歩(同歩なら43歩)といった筋があるため良かったようです。
ただ、本譜の▲33飛成でも先手やや有利で、以下は先手が押し切って勝ちでした。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。