ゴキゲン中飛車対超速37銀①

ゴキゲン中飛車は後手番の優秀な作戦ですが、それに対しては超速37銀戦法が有力となります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

本題に入る前に後手が超速を避けようとしてきた場合の変化をみていきます。

初手から▲76歩、△34歩、▲26歩、△54歩、▲25歩、△52飛、▲48銀、△55歩、▲68玉とし、そこで①△33角に対して▲36歩~▲37銀と繰り出していくのが超速37銀戦法ですが、△62玉と変化される場合があります。

f:id:shogi_kenkyu:20171129004554p:plain

ここで①▲36歩だと△56歩と突かれてイマイチな展開となります。②▲78玉と妥協すれば1局ですが、超速にはならないため、③▲24歩と突いて良くしたいところです。

図以下、▲24歩、△同歩、▲同飛、△56歩(取ると、88角成~33角で飛車銀両取)、▲66歩、△57歩成、▲同銀、△56歩

f:id:shogi_kenkyu:20171129005005p:plain

ここで48銀と引くのがプロの実戦例が多い展開で、それでも先手が良いと思いますが、46銀の方が紛れが少ないと思います。

図以下、▲46銀、△14歩、▲28飛と進みます。

f:id:shogi_kenkyu:20171129005310p:plain

ここで①△44歩は、▲58金、△33桂、▲65歩、△45桂で銀は取れますが、以下、▲24歩、△57桂成、▲同銀、△同歩成、▲同金、△45歩、▲33桂と進めば次の23歩成が受からず先手良しとなります。

f:id:shogi_kenkyu:20171129005612p:plain

②△13角は、▲24歩、△44歩、▲58金、△33桂、▲65歩、△45歩

▲53歩、△同飛、▲55銀で受かっているので先手優勢です。

f:id:shogi_kenkyu:20171129010023p:plain

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

“ゴキゲン中飛車対超速37銀①” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。